不動産を買ってそこに住む、ということはよいことです。住まいがあることは生活に必須のことであるといえます。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産を買ってそこに住む

不動産を購入して、そこに住むことはよいことです。これは不動産の活用法としては、最もポピュラーなものです。活用、というとどうしても貸すことばかりに眼が行きますが、別に住むことも活用の一つであるといえます。そもそも普通はそうしたことに使うものです。住まいを確保する、ということは生活に必須のことであるといえます。一度も住まいを失ったことがない人にはわからないでしょうが、はっきりいって、住まいがないと日本では生活ができないのです。具体的にいいますと仕事を得ることができないからです。面接のときにどこに住んでいるのか、と言うことを言う必要があるからです。これはある意味では死活問題であるといえます。

言うまでもありませんが、なんといってもお金がかかることではあります。しかし、やはり土地持ち、家屋持ちは強いです。そこを生活の基盤にして、色々と活動ができるようになるからです。また、財産としても不動産というのは、実に良いものです。兌換性はあまり高くないのですが、お金に換えることもできます。手間はかかりますが、それでもできるわけです。ですから、しっかりと持っていることにはメリットがあることは確かなことなのです。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.