子供達が不動産を喜んで引き継ぐためにも、負担にならないように利益のあるものにするのが大切なことです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産を子供に引き継ぐために

今持っている財産である不動産は、一般的には、子どもが引き継ぐことになります。子どもの負担にならないように、利益を得ることのできるものにしておくというのが、大事なことだという考えの人が多くなりました。不動産によっては空地であるために、何倍もの固定資産税が課せられているものもあり、年に何百万もの税金を支払っているという人がいますが、財産家であっても、ごく普通の経済力であるために、夫婦共稼ぎで、その税金を支払い、財産保持をしているという状況であったりします。それを子ども達にいつかは渡すことになるのですが、まるで借金を渡すような気持ちだと言います。

不動産というものは、利益を生むか、効率的に生活の用途に用いることで値打ちがあるのですが、保持だけであると、後を引き継ぐ子どもにとって大きな負担となります。後々、子どもが結婚後には家を建てるようにという思いで、税を支払い、草刈りをして近隣に気を遣うなどしていても、必ずしも予定通りの将来にはなりません。今は、自動販売機やコイン駐車場など、不動産運用のための会社もあります。全ての経営を任せて利益だけを得ることができますので、そのような利用を考えてみるのも良いでしょう。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.