不動産屋のチラシを見て、夏は販売物件が不足していると知りました。私はなぜ不足しているのか考えてみました。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

夏の売却物件を求めている不動産屋のチラシ

仕事から自宅に帰ると玄関のドアの隙間にチラシが挟まっていました。そのチラシには夏こそは売却のチャンスですと書かれていました。何のチラシだろうと見てみると、近所にある大手の不動産屋からのチラシでした。そのチラシによると例年は夏季は物件が少なく、今年販売の物件が不足しているので是非売却をお願いしたいという文が書かれていました。夏は旅行などに行って家を空ける人が多く、家を売るという季節はないだと思いました。夏は暑いですが、季節をそれだけ楽しむ人が多いのではないかと思いました。

そのチラシを読むと続きには、売却を検討しているのであれば、無料でその日に査定に来てもらうことが可能ということです。以前他の不動産屋のチラシも見たことがありますが、そこでも査定は無料でした。最低料を取らないところは最近の主流のようです。私は今自分が住んでいるマンションを売却するつもりはありませんが、これから貯金が増えてきたら、考えたいと思うようになりました。貯金といえば、現在毎月支払っているローンも自分の貯金なのだと思います。家賃のように支払ったら無くなるものではないと思います。私は一枚のチラシからここまで家について考えることができたことに、このチラシを家に配った不動産屋に感謝したいです。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.