日本の不動産バブルは実に凄いものでしたが、実は長く続いていないのです。当時は、永遠に続くと錯覚していたのです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

日本の不動産バブルについて

日本の好景気といえば、1980年代後半からの不動産バブルです。不動産の価格上昇に引っ張られる形で、株価も上昇していたのです。或いは株価が引っ張っていたともいえますが、要するにそのくらい景気が良かった、ということです。色々と当時の逸話がありますが、半分くらいは眉唾です。しかし、よく物が売れたことは確かです。あまりに余ったお金が投資に向く、ということは経済現象としてはよくあることです。しかし、バブルというものは必ず弾けるものです。これは経済学を学んでいるものであれば、確実にわかることです。さらにいえば、いつか、ということも研究はされています。一応、その予兆となることがありますが、確実ではありませんし、そもそも景気がよいときに景気の悪い発言をすることはそのまま財界から弾かれるということになりますから、どうしてもできないのです。

当時の不動産バブルでも警笛を鳴らしていた人はいますから、誰しも熱狂的であったわけではないのです。但し、バブルも悪いだけではないのです。当時に作られた箱物はともかく、道路や上下水道は未だに役に立っています。不動産バブルでも良いところはあるのです。インフラ系はさすがにメリットがあります。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.