不動産投資には節税上の魅力があります。購入した物件の減価償却費、ローン金利などは必要経費として計上できます。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産投資で所得税・住民税を節税できます

不動産投資には大きな魅力が潜在的に存在いたします。キーワードは節税対策なんです。不動産投資で得られる収入は、もちろん税務署に正直に申告して、規定の所得税を納めなければなりません。所得(収益)の20%程度は所得税として持って行かれる、世界でも重たい税制の国なんです。正直に申告すると申しましたが、多少知っておくべきテクニックはあります。それは必要経費なんです。

不動産投資に限らず、あらゆる事業に対して、たとえば通勤交通費、事務用品費などの必要経費は認められています。この必要経費というのは、申告制度なので、申告しなければ当然のように課税されてしまいます。投資で収益を上げるコツのひとつが、この節税対策をフルに活用するという点なんです。どんなものが必要経費と認められるのでしょうか。きわめて広範囲のものが認められますが、一般的なものを列挙します。

たとえば購入した土地や建物の減価償却費、ローンにかかる金利、固定資産税、都市計画税などは必要経費として認められます。アパート経営をなされている方では、家賃収入を全部丸々税務署に申告するのではなくて、これらの必要経費を控除した金額につき、納税の意思があることを伝えます。税務署ではインターネットの普及にともない、ネットでいきなり納税ができるシステムを開発されています。これはとても便利なんです。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.