不動産が教えてくれる、賃貸の初期費用は、敷金礼金や前家賃、火災保険などの項目から削ることが可能です。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産が教える初期費用を削る方法

引越しなどをする際、できる限り、初期費用は安く済ましたいと思うのは、誰もが思っていることであると思います。そこで、不動産が教えてくれる、初期費用の押さえ方のポイントというものをいくつか紹介したいと思います。まず、なにより最初に費用がかかってしまうのが、敷金と礼金でしょう。敷金とは、退去時に返してもらえるお金で、礼金は退去時にも返してもらえないものです。これらは、安く済ませられるならば、安くするべきです。ここで、新築の物件であったり、管理先が大手である物件ならば、減額はほぼ無理だと捉えておきましょう。しかし、築年数が古い物件などは、管理が賃貸不動産に変わるため、減額の融通も聞きやすくなるのです。

また、前家賃というものもあります。これは、一見流してしまいがちですが、交渉次第でどうにでもなるところであり、初期費用を抑えるのにもってこいの項目であるといえます。この前家賃を半月から一ヶ月分減額できる物件は、実は大変多いのです。特に、月末ならば可能な場合が多いのです。火災保険なども減額できる項目であります。基本的に2年で2万円が目安となっていますが、相談しだいでは、安い保険に変更が可能な場合も多いです。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.