所有不動産の有効活用として、期間を限定して貸し出したい場合は、定期借家契約という方法を推奨致します。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

期間を限定して不動産を貸し出せる定期借家契約

不動産をお持ちで限定した期間だけ貸し出したい場合は、定期借家契約という方法を推奨致します。これは二年間という普通の契約期間に縛られない契約方法で、その期間をオーナーによって定めることが可能です。例えば、その不動産のオーナーが五年間だけその地域を留守にするので、その期間に限定して不動産を貸し出して有効活用したいという場合です。これを通常の借家にしてしまいますと、更新は法によって守られていますので、よほどのことが無い以上、オーナーから入居者に出て行ってくれとは通達できませんので、期間を限定して貸し出すこと自体が困難になります。

そこで定期借家契約で貸せば、期間終了後は今度は入居者が法的に退去しなければなりませんので、定めた期間に限定して貸し出せます。また別のメリットとして、契約期間内では基本的に契約の破棄が不可能ですので、途中で借りる人が不在の空き家になることを防げます。収入面でも安心していられますので、メリットがあります。ただしその規則は貸す人にも課せられますので、途中で条件が変わってしまい、五年の筈が二年になり、二年後に帰って来ましても、それを理由に退去を迫ることは不可能になりますので、その点が注意すべき事柄と言えます。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.